ブログ


外壁塗装を依頼するときに注意すべきポイント

外壁塗装を依頼することは、そう頻繁にあることではないため、何に気をつければいいのかわからないものです。
今回は外壁塗装で気をつけたい注意点について、知っておきたいことを紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

 

見積書の詳細を確認

 

外壁塗装の見積りを複数の業者に依頼して比較したい場合は、必ず見積書の詳細を確認するようにしましょう。

確認すべき項目は塗料について詳細がはっきり記載されているか、塗装面積も細かく記載されているかといった点です。

そして、何より大切なのは金額が「塗装一式」と書かれていないか、という点です。

最終的な費用だけが記載されていて、何に対してどれくらいの料金が発生しているかという詳細が記載されていない見積りは注意が必要です。

また項目にひとつでも不明な点があれば、積極的に質問することが大切です。

業者に任せておけば大丈夫、という考え方も間違っていませんが、重要なのは「塗装の詳細をなるべく把握して依頼すること」であることを肝に銘じておきましょう。

 

アフターケアの確認

 

塗装が完了してから間もなく、塗装がはがれてくる可能性もあります。

もちろん、多くの場合は問題ないのですが、そんなトラブルに対して、保証の範囲を確認しておく必要があります。

少し聞きにくいところではありますが、勇気を出して確認しておくことをおすすめします。

後から言った、言わなかったの水掛け論になっては、泣き寝入りを余儀なくされる悪質な場合も想定できます。

保証対象と範囲、あとは期限を確認して書面で受け取ることを徹底しましょう。

 

相場を知ったうえで見積りを確認

 

外壁塗装には定価という概念が存在しません。そのため、業者によって価格はバラバラというのが実情です。

複数の業者で見積りを出せば比較できますが、もし見積りを出す件数が少なければ相場もわからないまま承諾してしまうこともあります。

もちろん建物の規模によって変わってくるのですが、戸建ての外壁塗装はだいたい90万円から150万円くらいが相場と言われています。

また外壁塗装と同時にコーキング工事や屋根工事も行うことで足場工事を1回でまとめることができます。

相場よりも驚くほど高すぎる、また安すぎるなど、相場からかけ離れた金額だった場合は注意が必要です。

安いならいいのでは?と考える人も多いのですが、ここが注意点となっています。

なぜなら、安い見積りは最低金額だけが記載されていて、実際はあとから追加料金がたくさん発生するなどの場合もあります。

また費用をおさえる為に塗装回数を減らしたり、必要な処理を行わないなどの手抜き工事にも注意が必要です。

 

まとめ

 

今回紹介した内容は、意外と見落としがちな落とし穴となっていますので、細心の注意を払うようにしましょう。

見積りを複数の業者に依頼することも重要ですが、当社はお客様にとって不安な点や不明な点にしっかりと説明し、納得してから依頼していただけるよう努めております。お気軽にご相談ください。

 

施工前

 

 

 

     施工後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快適な住まいを維持するためには、定期的な点検を行い劣化や破損があれば早目に対処することが最も大切です。

福岡市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、ぜひ株式会社ソウシンにご相談ください。

点検のみの依頼も喜んで承っております。メンテナンスや補修などもしっかり行います。

これまで多くの戸建住宅やアパート、マンションの外壁塗装・屋根塗装・防水工事に対応してきた実績があり、技術力の高さには自信があります。

地域密着のリフォーム業者をお探しの方はお気軽にご依頼ください。(TEL:092-292-1381 / Mail:info@soushin-corp.com)

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 株式会社ソウシン. All rights Reserved.