ブログ


吹き付け工法と手塗りローラー工法の違い!?

吹き付け工法と手塗りローラー工法の違い!?

 

 

 

吹き付け工法とは?

 

吹き付け工法の場合、機械を通して作業するために塗料を水やシンナーで薄めて塗る必要があります。
また、塗料を外壁に吹き付けるため、手塗りローラー工法よりも塗料が飛び散りやすく養生も大掛かりであったり、騒音の問題も懸念されます。

 

 

手塗りローラー工法とは?

 

手塗りローラー工法は、原液に近いかたちで塗料を塗り込めるため、厚くしっかりした塗膜を形成できます。
また、ローラーで手塗りするため塗料が無駄に飛び散ることがなく、騒音の心配もありません。手間も時間もかかりますが、仕上がりはもちろん、耐久性や防水性も考え、ひと塗りひと塗り丁寧に手塗りで作業を行います。

 

 

メリット・デメリット

 

吹き付け工法と手塗りローラー工法で形成される塗料の性能にそれほど差はありませんが、以下の表ようなメリット・デメリットがあります。
それぞれ比較することで、手塗りローラー工法の良さがわかっていただけるかと思います。

 

  吹き付け工法 手塗りローラー工法
塗布量 ×
塗膜厚 ×
耐久年数 ×
作業効率 ×
作業速度 ×
コスト ×

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 株式会社ソウシン. All rights Reserved.